暮らし

とちぎ・さいたま・いばらき・ぐんまママの今を知りたい!【COULEUR MAMA PRESS - 2021.09.10】

『お金をかけるなら、子ども・家族のために』

今の時代の子育てママが「何にお金を使うのか」、そして「何にお金を使わないのか」をアンケートで探りました。

今後家計から支出を増やしてもいい項目のトップは「子どもの教材・習い事・学校」で、約72%のママが「支出を増やしてもいい」と回答しました。2位の「家族のレジャー・旅行・体験」(約62%)、4位の「子育てグッズ・子どもの服・おもちゃ」(約45%)などを見ても、子育てママは「子ども」や「家族」のことなら、お金をかけてもいい、と考えています。子ども・家族が優先で、自分のことは後回し、というママの意識が読み取れます。

「1カ月あたり合計で、いくらくらい支出を増やせるか」の問いに対し、最も多いのは、「3001円~5000 円なら月々の支出から増やしてもいい」という回答で、「7000 円以下」と回答したママを合計すると、約70%にもなります。一般的な習い事ひとつの月謝がちょうどそのくらいですが、その程度なら毎月支払ってもいい、と子育てママは考えているようです。

有料サービスを使っている子育てママは、約半数。半数の子育てママが、「有料のものは利用していない」ものの、合計で約37%が「月に700 円以下の金額で利用している」と回答。利用している具体的なアプリ・サービスは、「アマゾンプライム・ビデオ。アプリで隙間時間に映画やアニメを視聴」「写真用。すぐにスマホのメモリいっぱいになってしまうのでストレージに」「漫画系」「レシートを写真に撮って送ってポイントを貯めるもの」「レシピサイトの有料サービス」など。

実際にさいたまのママに聞いてみた – REAL VOICE

基本節約派ですが、子どもの教育費・家族の思い出は予算なく出したい(旅費は年間100万まで)。今できることを今やらせてあげないと意味がないし、このまま家族が健康に過ごせる保証もない。夫が事故に遭い、「お金を貯めて死ぬより使わなくちゃ!」と思いました。

働いていて家事と育児と仕事の両立がとっても大変なので、家事を少しでも助けてくれるようなサービスにはお金を出してもいいかなと思っています。例えば、炒めるだけで料理が完成するミールキットや、お掃除代行など。月5,000円に収まる範囲内なら検討してもいいかな。

専業主婦で肩身が狭いような気持ちがあるのと、今持っているものでまかなえることが多いので、普段自分にかける洋服代や美容代はほとんどありません(月1,000円もあるかどうか)。その分、子どもにはある程度のお金はかけてあげたいと思います。

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧