暮らし

とちぎ・さいたま・いばらき・ぐんまママの今を知りたい!【COULEUR MAMA PRESS - 2021.11.12】

『子どもに身につけてほしいのは、コミュニケーション力と自己肯定感』

現代の子育てママが、「将来のため、子どもに身につけてほしいこと」「子育てで大事にしていること」「そのために今、やっていること」はどんなことでしょうか。

「子どもを通して『お子さんに身につけてほしいこと』は?」という問いに対し、1位は「人と関わり問題を解決するコミュニケーション力」、2位は「『自分には価値がある』という自己肯定感」、4位は「自分の好きなことに集中して取り組む力」という回答でした。

これらはすべて、テストなどの点数では数値化できない、将来を豊かにするために必要な「非認知能力」です。子育てママは、「語学力」や「学力」、「デジタルツールを使いこなす力」などよりも、非認知能力を子どもに身につけさせたいと思っていることがわかります。

次に尋ねたのは、そんな 「コミュニケーション力」や「自己肯定感」を身につけさせるためにどんなことをしているか、との問いですが、回答は1位「家事やお手伝い」、2位・3位「自由にさせ、見守っている」「習い事」と、子育てママは、これといって特別なことをしているわけではありません。自由記述の「教育方針や子育てについての考えを聞かせてください」との問いへの回答に見られるように、「生活の知恵を身につけてほしい」「普段の生活の中で、自然としつけやマナーなど身につけられるように」「あまり押し付けないようにし見守る姿勢で」など、あくまでも日々の生活の中で、将来に必要な能力を育もうと考えているようです。

実際にさいたまのママに聞いてみた – REAL VOICE

息子には障がいがあるため、他の子とは目標にするものが違います。生活スキルをつけること、人に頼れるようになること、最低限であり、とても難しいことに感じます。幸せに過ごしていってくれたらそれだけで充分ではあります。

高い知能や学力よりも、生き抜く力をつけてほしいと思っています。そのため、生活力をあげることと好きなものに没頭させることに力を入れています。好きなことがあれば、なんとか生きていけそうなので!!

お勉強ももちろん大切かとは思いますが、それよりもお友達と一緒に遊ぶことで学べること(協調性やコミュニケーション能力、問題解決能力など)の方が、これからの人生において大切だと思っているので、放課後に友達と過ごす時間を重視しています。

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧