pick up レシピ

【PaPaごはん】切り身を煮るだけ!カンタン♪魚の煮つけ

パパがつくるパパごはん。それは、家族を笑顔にする思いやり料理。パパ料理研究家の滝村雅晴さんが、料理がニガテなパパでも気軽につくれるレシピを紹介します。

切り身を煮るだけ!カンタン♪魚の煮つけ

最近の我が家は和食中心、自ずと魚料理も増えます。刺身や焼き魚もいいけれど、煮物の味を忘れてはいけません。ふわふわで甘じょっぱい味は、炊きたてごはんにぴったり! 海に囲まれた日本に住んでいるからこそ味わえる旬の魚を、ぜひ煮付けで味わいましょう。

 

【材料(2~3人分)】
*かれい(切り身)‥‥2切れ
*酒‥‥200cc
*小ネギ‥‥2本

A
*しょうゆ‥‥大さじ2
*みりん‥‥大さじ1
*てんさい糖(砂糖でもOK)‥‥大さじ1

【つくり方(調理時間 20分)】
1.かれいの切り身を水でさっと洗い、水気をしっかり拭き取ったら、包丁で切れ目を入れる。

2.フライパンに酒を入れて火にかけ沸騰したら、1をいれて蓋をし、中火で5分ほど蒸し焼きにする。身がふっくらしたら、Aを回しかけ、弱火で5分ほど煮詰める。途中、煮汁をすくい取ってかれいにかける。

3. 皿に盛りつけ、煮汁と小口切りにした小ネギをかけて出来上がり。

ふわっと身が膨らんでいれば、火がしっかり通った証拠!

 

煮汁をかけるひと手間で、さらに煮付けがおいしくなる、重要な子手伝い!

パパ料理研究家 滝村 雅晴さん
株式会社ビストロパパ代表。内閣府食育推進会議専門委員。NHK「きょうの料理」に親子出演。「パパが料理をすることで、家族が幸せになる」世の中づくりのために活動。著書多数。
一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧